ヒアルロン酸注射は安全性が高く気軽に受けられると人気の施術です。

アンチエイジングの施術

バスの模型

若返りの施術

目の下のたるみは、年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。一度たるんでしまうと化粧品やマッサージなどで改善するのは難しいため、クリニックで治療を受けようという人も多いでしょう。目の下のたるみの治療には、ヒアルロン酸注入や超音波照射、切開手術など色々な方法があります。最も手軽にできる目元のたるみ治療はヒアルロン酸注入です。注射器でヒアルロン酸を注入して張りを与え、たるみを改善します。5分から10分と短い施術時間なうえ、即効性のある治療法ですが、効果の持続期間は3か月から半年ほどとなります。超音波照射もメスを使わない治療法です。超音波を照射することでコラーゲンの生成が活発になり張りのある素肌を蘇らせることができ、目の下のたるみを改善できます。施術を受けてから1か月から効果が現れ始め、効果は半年から1年ほど持続します。効果を持続させたいなら、1年に1度のペースで施術を受けるのがベターです。切開手術は、目の下のたるみや脂肪を外科手術によって取り除く治療です。目立たないように毛の流れにそって切開するため、傷跡も小さくほとんど目立ちません。切除した後はリフトアップして縫合するため、根本的に目の下のたるみを改善することができます。ただし、ダウンタイムは10日から14日なので、仕事をしている人は休みを取る必要があります。このように、目の下のたるみ治療は大きく3つの方法があるので、ライフスタイルに合わせて自分に合った施術を選ぶのが良いでしょう。

Copyright© 2019 ヒアルロン酸注射は安全性が高く気軽に受けられると人気の施術です。 All Rights Reserved.